ページの先頭です

2013年11月15日号 紅葉のしくみ

[2013年11月15日]

ID:905

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

紅葉の写真

秋が深まると樹木の葉が美しく紅葉し、目を楽しませてくれます。今回は紅葉のしくみについてご紹介します。

☆葉の色が変わる理由

樹木は気温が低下すると寒さに備えて根の活動を弱め、樹体内の水分量を減少させます。次に落葉の準備として、葉への水分と養分の供給を断つことで、葉緑素「クロロフィル」が分解され、緑の色素が減ります。そして、光合成によって蓄積された糖分が赤い色素「アントシアン」に変化することで葉が赤色に染まります。また、緑の色素「クロロフィル」が分解されるにつれ、黄色の色素「カロチノイド」の比率が葉緑素「クロロフィル」を上回るため、葉が黄色に染まります。イチョウやポプラなどが黄色に染まる理由は、赤い色素「アントシアン」がつくられないためです。

☆気温と日当たりが重要

美しく紅葉するためには、昼夜の気温差が大きいことと、日当たりが重要です。夜間の気温が低いと葉緑素「クロロフィル」の分解が進み、日当たりのよい環境では、光合成が盛んに行われ、葉には糖分から変化した多量の赤い色素「アントシアン」が蓄積し、美しく紅葉します。近年では温暖化の影響に伴う平均気温の上昇により、紅葉の時期が遅れ、色付きが悪くなるなどの影響がでています。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係