ページの先頭です

後期高齢者医療制度の保険料の支払い方法と社会保険料控除の適用について

[2008年8月4日]

ID:537

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

後期高齢者医療保険料の支払については年金からの天引き(特別徴収)と普通徴収(口座振替、納付書による振り込み)があります。
年金から天引きされている人は、口座振替にお支払方法を変更できます。

手続き

金融機関の窓口で、保険料の口座振替の手続きを行った上、「口座振替手続きの控え」、印鑑、被保険者証を持参し、国保医療課の窓口へ申し出てください。

なお、保険料が被保険者本人の年金から徴収されている場合は、その保険料を支払った被保険者に所得税および個人住民税の社会保険料控除が適用されます。また、被保険者の世帯主、配偶者が口座振替により支払う場合にはその保険料を支払った世帯主または配偶者に適用されることとなります。この場合には世帯全体の所得税および個人住民税の負担額が変わる場合があります。

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部国保医療課医療係

電話: 0774-56-4039

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部国保医療課医療係


後期高齢者医療制度の保険料の支払い方法と社会保険料控除の適用についてへの別ルート