ページの先頭です

ふるさと納税のワンストップ特例制度について

[2016年1月7日]

ID:432

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ワンストップ特例テスト

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは

○ふるさと納税をした場合に、寄附をされる方がふるさと納税先団体に申請を行うことで、寄附先の自治体がその方の住所地の市町村等への控除申請を代行し、確定申告をしなくても個人住民税の控除をうけることができる制度です。

具体的には次の条件をすべて満たした人です

  1. 給与所得者等
  2. 年収2,000万円以下
  3. 給与は1か所からしかもらっていない
  4. 確定申告をしない
  5. 2015年4月1日以降にふるさと納税を行っている
  6. 寄附を行った自治体数が5か所以下である
  7. ワンストップ特例制度を利用することを「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」で申請した
ふるさと

※翌年の1月1日の住所地が課税団体となりますので、住所地等に変更が生じましたら1月10日までに変更届を提出いただきますようお願い致します。

お問い合わせ

城陽市役所企画管理部秘書広報課秘書係

電話: 0774-56-4050

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム