ページの先頭です

未来へ・・・(広報じょうよう市長コラム)平成28年7月

[2016年7月1日]

ID:381

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 7月。今年もはや下半期に入りました。お元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 10日は参議院議員通常選挙です。今回から選挙権が18歳に引き下げられました。若い人がどのような判断をするのか注目されます。

 政治に参加する権利は、日本国憲法で保障されています。有権者のみなさんは、棄権することなく権利を行使しましょう。たかが一票、されど一票。自分の一票が将来の日本を動かすんだという気概を持って!

 中国の明末清初の儒学者・顧炎武(1613-1682)は「天下興亡、匹夫有責」(日知録)と言っています。これは国の興隆や滅亡は、政治家をはじめ色々な人のせいかもしれないが、やはり一人一人の国民にも責任がある、という意味です。

 投票を棄権する人は、国のこと、年金や税金のことなど、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最も重要な機会を逃すことになります。

 一票を大切に。

 未来へ