ページの先頭です

未来へ・・・(広報じょうよう市長コラム)平成28年3月

[2016年3月1日]

ID:374

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 春の訪れが待たれる今日この頃ですが、お元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 卒業シーズン。思い出を胸に、児童生徒は懐かしの母校を巣立っていきます。

 今年の本市の卒業生は、小学校が654人、中学校が658人の合計1,312人です。10年前と比較して、31人の減になります。

 人口減少は日本全国の趨勢であり、本市もその例に漏れません。少子化・人口減少を食い止めるためにはどうすればいいでしょう。

 新名神高速道路が供用開始される好機を生かし、企業誘致、雇用の創出など、本市に住み、安心して働き、結婚・出産・子育てをすることができる生活環境を作ることが大切だと考えます。

 親御さんが「城陽に住んで、よい教育を受けさせたい」と思われるような「教育の充実」も大切です。

 他にも多くの施策を考えていますが、よいお知恵を頂ければ幸いです。

 卒業生のみなさんが、城陽を誇りに思うまちづくりを。

 未来へ