ページの先頭です

未来へ・・・(広報じょうよう市長コラム)平成27年2月

[2015年2月1日]

ID:350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 2月。「梅かおる 山辺に野辺に…」で始まる城陽市歌は昭和34年の城陽町時代に作られました。昭和34年と言えば黒部トンネルの開通や、皇太子殿下(今上天皇)のご成婚のあった年です。世相は岩戸景気と呼ばれ、翌35年から池田勇人内閣による国民所得倍増計画が始まった時代です。

 歌詞の2番に「こだまする槌のひびきに ひらけゆく われらのまちよ」とあります。

 国道307号の青谷バイパスが今年度末開通に向けて工事が進んでいます。2年後には新名神高速道路城陽ジャンクション・インターチェンジが。4年後に、一級河川古川の大改修が完成予定です…

 城陽町時代に打ち上げられたロケットに、今再び、2段目が点火されました。市民の希望と夢を乗せて。未来へ!

 梅かおる「青谷梅林梅まつり」は2月21日開幕です。「春は城陽から」と。

 寒い日が続きます。どうぞご自愛ください。