ページの先頭です

大韓民国慶山市の概要

[2010年8月5日]

ID:136

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

慶山市章

市民各界の代表などで構成された「城陽市国際交流懇話会」の提言を参考とし、長年、少年サッカーなどを通じて交流もあった、大邱(テグ)市の衛星都市である慶山(キョンサン)市と、1991年(平成3年)に姉妹都市盟約を締結しました。

人口:243,921人(2010年6月現在)
市の木:イチョウ
市の花:モクレン
市の鳥:カササギ

(1)城陽市との共通点

温暖な気候と豊かな自然に恵まれて、市内のあちこちに、史跡や遺跡が数多く残っています。近郊農業が盛んで、生鮮野菜や果物の生産地となっています。大都市のベッドタウンの機能を持っています。ウォーターフロントの整備と有効利用を推進しています。

(2)市の概要

慶山市は、古代(B・C3~4世紀)に、押督国と呼ばれる国に属し、その栄光と影響を受けました。その後も、新羅、高麗、朝鮮時代と、輝かしい文化を育ててきた由緒あるまちで、古墳や史跡、神社・仏閣など数多くの歴史遺産があります。また、周辺地域の交通の要衝の地として、昔から重要な役割を果してきました。現在は、大邱(テグ)市と釜山を結ぶ京釜高速道路と京釜線鉄道が市内を通過し、国道・産業道路もよく整備された交通の要衝となっています。
近年、韓国においては経済発展がめざましく、慶山市においても新興産業都市として急激な成長を続けています。珍良・滋仁工業団地では、輸出の伸びている繊維を中心に電気・電子製品、機械製品などの製造企業が数多く生産活動しています。一方、伝統的な農業においても、大都市近郊の立地条件を生かして、新鮮な野菜、果物、花きなどの市場競争力のある農産物の生産に力を注いでいます。特産品として、モモ、ブドウ、ナツメなどが有名です。
大都市・大邱(テグ)市の近郊に位置する慶山市は、大規模なアパートや機械工場がつぎつぎと建設され、人口が次第に増えてきています。まちが発展し、大きくなるにつれ、より快適な住環境や教育環境、上・下水道、道路網などの都市基盤の拡充を推進しています。
また、韓国最大の学園都市で、嶺南大学、慶山大学など13大学があり、約8万3千人の大学生が勉学に励んでいます。
慶山市の年平均気温は、12~14度で降水量は少なく、比較的温暖な気候で自然の豊かな農村部と機能的に整備・開発された都市部が調和した、暮らしやすいまちです。

(3)観光スポット

◇八公山にある冠峰石造如来座像(俗称カッバウィ仏)

カッバウィ仏

638年に義玄大師が造成。霊験あらたかと信じられている大石仏。八公山周辺は、信者にとっては心身修養の場所として、観光客には、ハイキングやゴルフなどレジャースポットとして人気があります。周辺には、仏窟寺石窟や沸き水の出る岩壁など見所がたくさんあります。また、温泉も湧き出しているので、いつも、多くの人でにぎわっています。
山々の谷間には、清らかな渓流や滝があり、四季折々の美しい景観が楽しめます。

◇環城寺大雄殿

835年(新羅時代)に心池王師によって建造。これまでに3回改築。1976年に大改修。華麗な仏壇が有名。

◇忠堅祠(チュンヒョンサ)

英雄・崔文柄(チェ・ムンビョン)を安置するお堂

◇林堂洞古墳

1982年に発掘された。金銅製冠、銀製袴帯など2,000点あまりの出土品があります。

◇永洞古墳

1987年に発掘された。金銅冠、銅鐸、頚飾り、台付き壷鴨形土器、竹節形杯など3,000あまりの出土品があります。

◇嶺南(ヨンナム)大学・博物館

1967年に開校した、韓国最大100万坪のキャンパスが自慢。その敷地内にある博物館には、李朝の青磁・白滋をはじめ、歴史上貴重な資料や展示物が数多くあります。

お問い合わせ

城陽市役所企画管理部秘書広報課秘書係

電話: 0774-56-4050

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム